ファンダメンタルズ分析とは?ファンダメンタルズ分析の特徴・種類・方法を初心者にわかりやすく解説

お金を増やしたいと思うのであれば、ファンダメンタルズ分析についても知っておきましょう。

金融商品を分析する方法として、ファンダメンタルズ分析はテクニカル分析と並ぶ、2大分析手法の一つです。

概要対象者:株やFXのファンダメンタルズ分析の初心者

  • ファンダメンタルズ分析とは(特徴・メリット・デメリット)
  • ファンダメンタルズ分析の基本(経済・金利)
  • ファンダメンタルズ分析の種類(経済指標)
  • ファンダメンタルズ分析の参考になるサイト

ファンダメンタルズ分析とは?初心者向けにわかりやすく解説

ファンダメンタルズ分析とは、企業業績、経済財動向、需要と供給を中心とした金融商品の値動きする原因を分析する手法。

経済における色んな活動などから金融商品を買いたい人と売りたい人の数を予測して、本質的な価値を見極めていきます。

ファンダメンタルズ分析の特徴

ファンダメンタルズ分析の特徴として、企業業績、経済財動向、需要と供給から株や通貨、不動産などの本質的な価格が動く「原因」分析をしていくことにあります。

わたしたちの普段の買い物に近いので、イメージが湧きやすいでしょう。

本質的な価格よりも市場の価格が高すぎれば加熱しているから長期的に見れば下落、市場の価格が低すぎれば過小評価されていることから上昇するだろうと分析していきます。

経済状況を表している指標や政策変化など価格変動要因をニュースから把握して、本質的な価格がどれくらいかを予想するのでイメージが湧きやすいですよね。

ファンダメンタルズ分析のメリット・デメリット

ファンダメンタルズ分析は、投資の初心者にとってとっつきやすい印象がありますが、実際には一般投資家にはハードルが高いでしょう。

ファンダメンタルズ分析のメリット
  • あらかじめ価格変動が起きそうなタイミングがわかる。
  • 価格に対する影響力が大きくイメージがしやすい。
ファンダメンタルズ分析のデメリット
  • 必要な情報量が多く、分析に時間がかかる。
  • 分析結果に自信を持ちすぎて、自分の考えに固執しやすくなる。
  • 中長期的な分析はできるが、売り買いのタイミングの特定ができない。
  • トレードルールに取り込むのが難しいので、安定的に勝つのは難しい。
ファンダメンタルズ分析のメリット

ファンダメンタルズ分析は値動きの材料を分析していきます。

材料は基本的に特定の周期で発表されているので、どのタイミングで大きな値動きが発生するかがわかるのは最大のメリットでしょう。

原因と結果のつながりがイメージしやすいので初心者にとってとっつきやすく、経済がより身近なもの感じられます。

新聞やテレビで見るニュースや指標が自分の給料や家計と関係していると理解できて、自分ごとになれば興味が湧いてくるでしょう。

ほとんどの投資の入門書ではファンダメンタルズ分析をオススメしています。

ファンダメンタルズ分析のデメリット

ファンダメンタルズ分析のデメリットは、時間、手間がかかり、難易度が高いということがあげられるでしょう。

ファンダメンタルズ分析が一般の個人投資家にとって難しいのは、値動きの要因になるのは数千もあるにもかかわらず、数個の材料で値動きを判断してしまいがちだから。

さらに機関投資家のほうが鮮度の高い情報をえることができ、一般投資家がニュースを通じた情報は二番煎じの情報。

したがって、ニュースを元に多くの情報を集めたうえで、これからどうなるかという未来予測していく眼力が必要で、労力と時間もかかります。

かけた労力と時間からファンダメンタルズ分析を行うと予測に自信をもって、自分の考えに固執して撤退ラインを設けることができていない人が多くあります。

イスカ イスカ

投資の世界に「絶対」はありません。

日々、経済に最大の影響を与えるニュースは米中経済戦争、新型コロナウィルス、戦争など大きく変わっていきます。

したがって、ファンダメンタルズ分析はトレードルールを作成することができないので、安定的に勝つことができないのは大きなデメリットでしょう。

ファンダメンタルズ分析の基本

ファンダメンタルズ分析の基本、経済の仕組みを理解しよう

ファンダメンタルズ分析の基本として、経済の仕組みについて理解しておきましょう。

経済と聞くと「難しそう」「とっつきにくそう」というイメージがありますが、理解できればカンタン。

経済とは、私たちの生活で行われているお金のやり取りの集まりです。

わたしたちの身近にある経済の例

コンビニでおにぎりを買うのも経済です。

  1. お米を作る農家が1円で稲を買い、育てて、お米を10円で出荷します。(1円⇒10円)
  2. お米を運んで保管する問屋さんが20円でおにぎりを作る人に売ります。(10円⇒20円)
  3. おにぎりを作る人は機会や従業員を雇って70円のおにぎりを作ります(20円⇒70円)
  4. コンビニはアルバイトの方が棚に並べて100円で売ることで初めて私たちが購入できることになります。(70円→100円)

それぞれの過程で経済が発生しているのがわりますよえね。

経済の合計を、GDPと呼ぶのです。

経済の構成要素
  • 努めている会社の業績
  • 物価の変動
  • 輸入品にかかる関税の税率
  • 税金

など

経済の構成要素を見ると、なんか急に遠くなったような感じがしますが、より身近なものに例えましょう。

  • マイホームを購入者:金利が高いときより金利が低いときにローンを組みたい
  • ブランド好きな人:円高でバックが安くなったときに購入したい

これなら理解でいるのではないでしょうか?

一人一人の経済的な出来事が巡り巡って、わたしたちの経済活動に影響します。

特に大きなサイクルとして好景気と不景気でしょう。

好景気
消費が増える→企業の設備投資が増える→お金のニーズが増える→金利が上昇→流通するお金が減る→消費が減る。
不景気
消費が減る→企業の設備投資が減る→お金のニーズが減る→金利が下落→流通するお金が増える→消費が増える。

ファンダメンタルズ分析の基本となる金利とは?

金利とは、お金のレンタル料のようなものです。

私たちが銀行に預けてもえらたり、お金を借りるときにかかるものが金利です。

金利の構成要素

金利=基準金利+心配料

信用が高い人ほどレンタル料としての金利は安く、信用が低い人ほど高いという性質を持ちます。

お金の世界において、信用とはお金を返す力を指します。

例えばですが、同じ10万円を貸して10万円のお金を貸してと言われたときに

  • 見知らぬ人なら何万円にしてくれるなら貸してもいいと思えますか?
  • 知人なら何万円にしてくれるなら貸してもいいと思えますか?
  • 親友なら何万円で返してくれるといってくれたら貸してもいいと思えますか?
  • 家族なら何万円で返してくれるといってくれたら貸してもいいと思えますか?

だんだん自分と身近になればなるほど、貸してもいいと思える金額が下がったのではないでしょうか?

お金を返してくれる可能性が高くなってきたことで、信用ができるからです。

このようにが高くなる低くなるということは、心配費用が高くなっている低くなっているというように読み取ることができます。

ファンダメンタルズ分析の方法・種類

ファンダメンタルズ分析の方法

ファンダメンタルズ分析の方法は大きく分けて、全体から始めるか、個別の銘柄から始めるかの2種類に分類されます。

  • トップダウンアプローチ:市場全体の分析→産業の分析→企業の分析
  • ボトムアップアプローチ:企業の分析→産業の分析→市場全体の分析
イスカ イスカ

覚える必要は無いのですが、単純にどっちから初めてもOKということを知っておけばいいでしょう。

ファンダメンタルズ分析の注意点として、注意したいのはファンダメンタル要因そのものがいいか悪いかで値動きはしません。

他のトレーダーも当然ファンダメンタルズ分析を行っているわけですから、現在の金融商品の価格はすでにファンダメンタルズの要因を含んでいることになります。

あくまでも、ファンダメンタルズ分析が他の人の予想よりも良かったか悪かったかが価格変動に影響を与えるのです。

したがって、ファンダメンタル分析を行うのであれば、今回の発表は未来はどのようになるのかを予測して行うのが重要。

そして、当然その精度を上げるには圧倒的な情報量が必要となります。

初心者のうちは、あくまでもそういったものがある程度でもいいので頭の片隅にいれておくといいでしょう。

ファンダメンタルズ分析の種類

ファンダメンタルズ分析を行ううえで、さまざなな分析を行う必要があります。

経済指標
世界中の国々の経済状況を数値化したもの。
例:政策金利の動向、緩和引き締めのポリシー
金融政策
金融政策は、市場に出回るお金の流通量をコントロールする各国の中央銀行の政策のこと。金利に大きな影響をあたえます。
例:政策金利の動向、緩和引き締めのポリシー
財政政策
政府が行う投資政策で、市場の需要に影響を与えます。
例:規制緩和、公共インフラへの投資
要人の発言
各国政府や中央銀行の金融政策や財政政策に大きな影響を与える人の発言は、金融政策や財政政策の方針を表すとして注目されます。
影響期間としては、あくまでも瞬間的に値動きに影響します。
例:アメリカ大統領のツイッターや記者会見、公演、議会証言での発言
地政学的リスク
国と国の地理的な位置関係で発生する対立関係による政治的・軍事的な緊張の高まりが、経済全体の先行きを不透明にすること。
地政学的リスクが高まることで、原油価格など商品の高騰、為替通貨の乱高下、企業の投資活動や消費者心理への悪影響を招きます。
例:テロ、中東地域紛争
個別金融商品指標
投資を行う先の金融商品に応じた売上高・営業利益・経常利益・純利益などのデータ。
商品の本質的な価値を表します。
例:政策金利の動向、緩和引き締めのポリシー

経済指標

ファンダメンタルズ分析で最も注目されるのが、経済指標です。

とくにアメリカの経済指標の影響が最も大きく、近年では中国の経済指標も注目されはじめています。

なお、経済指標は常に同じものが重視されるということはなく、時代によって移り変わるので注意が必要です。

金融政策

金融政策は金利を動かすことで為替に得大きな影響を与えるだけでなく、株や不動産など多くの市場に影響を及ぼします。

アメリカの金融政策

アメリカ金融政策は連邦準備制度理事会(フェッド)が中心となって基本方針が決められます。

フェッドの下にはアメリカの12の地区ごとにFRB(連邦準備銀行)が置かれており、FRBの総裁5名とフェッドの理事7名のFOMCで金融政策が決定されます。

だいたい6週間ごと(年8回)に開催され、政策金利であるフェデラルファンド(FF)レートの誘導目標や為替市場の介入が決定されて、声明文は即日発表されます。

開催から3週間後に公開されるFOMC議事録の内容から、多くのトレーダーはアメリカ景気動向の見方や金利の先行きを予測使用とします。

ユーロの金融政策

ユーロ導入諸国の金融政策は、加盟国の中央銀行の総裁16名と役員6名からなる欧州中央銀行(ECB)の理事会によって決定されます。

基本的には物価の安定を掲げており、加盟国の政治情勢や財政から

イギリスの金融政策

ヨーロッパのなかでもイギリスの金融政策だけは、イングランド銀行(BOE)が担います。

金融政策委員会(MPC)が毎月上旬の水曜〜木曜の2日にわたって開催され、2週間後に議事録が公開されます。

BOEはインフレターゲティングを採用しており、CPIの前年比2%を目標に金融政策を決定します。

日本の金融政策

日本の金融政策は、毎月20日前後に開催される日本銀行の金融政策決定会合によって、決定されます。

決定内容は会合終了とともに発表され、議事録は一ヶ月後に公表されます。

デフレ対策を基本とする日本の金融政策は予測されやすいことから、発表によって大きな反応がないことが多いです。

ただ、出口戦略を取られた場合、大きな影響を与えることになるでしょう。

要人発言

あらかじめ予定されている中央銀行総裁の記者会見や公演、議会証言での発言などは市場で注目されます。

要人があえて市場参加者に介入をほのめかす口先介入もおこなわれることも。

なかでもFEB議長、ECB総裁、アメリカ大統領、財務長官の発言は大きな影響を持つので、注視しましょう。

予想外のサプライズ発言を行うと、市場に波をおこすので、スケジュールチェックしてください。

ファンダメンタルズ分析で参考サイト

ファンダメンタルズ分析を行ううえで、世界や国内の経済情勢について理解をしておきましょう。

当然ですが、同じニュースを読んでも捉え方が間違えればトレードで勝つことはできません。

注意しておきたいのは、ニュースや新聞は過去のもの。

当然ですが、ニュースになったということは既にすでに終わりに近いか既に終わっている事柄がニュースとなります。

すでに値段に含まれているので、ニュースや新聞の記事をもとにポジションを持つのは危険です。

あくまでも記事を読むことで世の中の流れをつかみ、全体的な流れを把握することが重要となります。

REUTERSロイター

ロイターは、ロンドンに本拠を置く老舗のメディアです。

世界中のあらゆる情報を扱い、更新頻度も高いのが特徴です。

日本の新聞はどれも日本人からみた同じ生地が報道されることが多いため、どうしても偏りがちな傾向にあります。

ロイターのような海外の新聞に色々と目を通すことでグローバルな大きな流れをつかみやすくなるでしょう。

イスカ イスカ

あと英語版は日本語版よりも早く配信されるので、英語ができないひとでもGoogle翻訳などを活用して情報収集するのがオススメ。

日本経済新聞

日本経済新聞は、日本における経済ニュースを中心に取り上げているメディアです。

経済を中心に取り上げていることから、世の中の流れを把握するのに向いている記事が多いです。

なお、日経新聞にかぎらず金融のプロによるマクロ予測ですが、他の予測と大きく異なるレンジにはなりません。

多くの人の目を得てリスクが最小限に抑えられるので、どこも同じような結果になります。

イスカ イスカ

他とほんの少しずらして出される予想は相場観を伝えようとする気持ちといえるでしょう。

TradingView

なかでも当サイトでオススメしているのは、TradingView。

実際の値動きとファンダメンタルズ分析が連動してみることができるので、ひと目で分析に役立つといえます。