FXの1pipsっていくら?pipsの計算式・数え方・損益計算・目安についてわかりやすく解説

FXにおける通貨の共通単位pipsは、FXを始めると必ず聞きますよね。

この記事ではFXを始めるなら必ず知っておきたいpipsについて、わかりやすく解説していきます。

概要対象者:これからFXを始めようとしている入門者

  • pipsの概要(定義・数え方・計算)
  • pipsの損益計算の方法
  • FXにおけるpipsの目安

FXで聞くpips(ピップス)とは?わかりやすく解説

pipsピップスとは、FXで利用される通貨の共通単位です。

FXでは日本円、ポンドやドルなど単位が色々あってややこしいことを解消するために誕生した用語で、昔は取引の最小単位として利用されていました。

イスカイスカ

ただ、最近はもっと細かく取引したいトレーダーが増えたことで0.1pipsで取引できる取引所も増えてきています。そのため、現在では取引できる最小の単位をpipsとは別に、pointポイントと呼びます。

1pipsっていくら?

米ドル/円であれば、1pipsは「1銭」です。

pipsピップスは、「percentage in pointパーセンテージの単位」の頭文字をとったものだと理解しておくと、さらに計算がわかりやすくなります。

イスカイスカ

海外では時計の動く音を「チックタック」ではなくピップピップ」と動くと聞こえるそうで、相場が時計の針のように動くことも表しているんだ。

パーセンテージ(%、百分率)ということから、右側にある通貨でよく使われる最小単位の1%(100分の1)が1pipsになるのです。

1pipsの計算例
  • ○/円の1pips = 0.01円(1円の100分の1)= 1銭
  • ○/米ドルの1pips = 0.01セント(1セントの100分の1)= 0.0001ドル(100セント = 1ドル)
  • ○/英ポンドの1pips = 0.01ペニー(1ペニーの100分の1)= 0.0001ポンド(100ペニー = 1ポンド)

    わかりやすくまとめれば、基本的に次のように覚えておけばいいでしょう。

    • 円のpips:小数点.ピリオドから数えて2つ目の数字)
    • 円以外のpips = 小数点.ピリオドから数えて4つ目の数字)

    pipsの数え方

    pipsピップスの具体的な数え方は「外貨×日本円」か「外貨×外貨」で違います。

    円換算(クロス円)におけるpipsの数え方

    クロス円(外貨×日本円)におけるpipsの数え方は、「1pips=1銭」なので比較的カンタンです。

    pips数 数え方 日本円換算
    1pips 1銭 0.01円
    10pips 10銭 0.1円
    100pips 100銭 1円
    1,000pips 1000銭 10円

    ドル換算(ドルストレート)におけるpipsの数え方

    ドルストレート(外貨×外貨)となると、現在のドル価格に合わせて調整する必要があります。

    1ドル=約100円であれば、次の表のようになるでしょう。

    pips数 数え方 日本円換算
    1pips 0.0001ドル 約0.01円
    10pips 0.001ドル 約0.1円
    100pips 0.01ドル 約1円
    1,000pips 0.1ドル 約10円

    pipsの損益計算の仕方

    pipsピップスの損益計算は、獲得pipsを日本円に戻すだけでわかりやすいです。

    効率よく損益計算ができるのも、pipsが使われるようになった理由でしょう。

    獲得pipsの計算式

    獲得pips= 決済したレート ー エントリーしたレート

    ※獲得pipsとはエントリーから決済までにpipsが動いた幅のことをいいます。

    獲得pipsとは、エントリーから決済までにpipsが動いた幅のことをいいます。

    例えば、ドル円では

    • 119.426 − 119.366 = 0.06円 = 6pips勝ち
    • 118.826 − 119.366= -0.54円 = 54pips負け

    となります。

    円換算(クロス円)におけるpipsの損益計算

    pipsの損益計算式

    損益= 獲得pips×0.01×ロット数(通貨量)

    例えば、

    • 1,000通貨の取引で100pips(0.1円)獲得=1,000通貨×0.1円⇒100円の利益
    • 10,000通貨の取引で6pips(0.06円)獲得=10,000通貨×0.06円⇒600円の利益

    となるわけです。

    獲得pips 1,000通貨 10,000通貨
    1pips 10円 100円
    10pips 100円 1,000円
    100pips 1,000円 10,000円
    1,000pips 10,000円 100,000円

    ドルストレートにおけるpipsの損益計算

    pipsの損益計算式

    損益= 獲得pips×0.0001×通貨量×現在のドル価格

    例えば、1ドル=100円だった場合、

    • 1,000通貨の取引で1000pips(0.1ドル=10円)獲得⇒10ドル(1,000円)の利益
    • 10,000通貨の取引で60pips(0.005ドル=0.05円)獲得⇒5ドル(500円)の利益

    というように計算されます。

    獲得pips 1,000通貨 10,000通貨
    1pips 10円 100円
    10pips 100円 1,000円
    100pips 1,000円 10,000円
    1,000pips 10,000円 100,000円

    FXのpipsの目安は?

    FXでトレードを行うのであれば、1日の目標pipsピップスは決めておきましょう

    一日の目標pipsを獲得したら、その日のトレードは終了させるというルールを決めておくことで、精度の高いトレードに絞ってパフォーマンスを向上させ、ストレスを軽減させることができるからです。

    イスカイスカ

    個人的には円でなくpipsとすることで、よりゲーム感覚になって冷静にトレードできるからpipsで考えるのがオススメ

    目標pipsは、トレーダーの投資スタイルごとに異なり完璧なものはありません。

    • スキャルピングの目標pipsの目安:3〜10pips
    • ディトレの目標pipsの目安:10~20pips
    イスカイスカ

    たったのそれだけの利益で満足して良いのか?と思うかもしれません。
    でもそれだけの利益をだすのも難しいのです。

    目標pipsの目安から逆算してリスクリワードレシオを考えると、損切りラインは5〜10pipsとなるのですが、なかなか該当する局面が見つからないという事実に気がつくはずです。

    「現実的な目標値を見つけ、最大限リスクを考えた上でエントリーし、的確に利確を行う」ということを徹底してください。

    FXでは1年間の収支がでプラスマイナスゼロという結果だけで、上位5%に食い込めます。

    pipsをあまりに高く設定すると、焦りや欲で相場を見る目がくもってしまい、失敗するケースが珍しくありません。

    目安のpipsを参考に目標を設定し、少ない利益を着実に重ねる練習をしてください。