roc

ROC(変化率)は先行性のある指標で、トレンドの勢いを相対的に見るのに使われます。

一見、難しそうな名前をしていますが、かなりシンプルインジケーターなので、すぐにマスターできるでしょう。

概要対象者:FX・株でROCの使い方を知りたいテクニカル分析の入門者

  • ROCとはどんなインジケーターか
  • ROCの計算式
  • ROCのFX手法

FXのROCとは、どんなインジケーター?

rocチャート

指標 ROC(Rate of Change、変化率)
難易度 1.0
仕組み 一定期間前の価格から現在価格の変化率を算出
用途・手法 トレンドの相対的な勢いをみる
買いシグナル 中心線を上に抜いたタイミング
売りシグナル 中心線を下に抜いたタイミング
設定値(期間) 10日、25日
備考 市場によって買いすぎ売りすぎラインが異なるが、先行性のある指標として活用できる。

ROCとは、変化率という名前の通り、一定期間前の価格からの変化率を表すシンプルなインジケーターです。

トレンドの相対的な勢いを見るのに利用されます。

ROCの計算式

ROCの計算式

ROC = (現在価格 ÷ 一定期間前の価格)- 100%

ROCの計算方法は、現在価格を一定期間前の価格で割って1(100%)をひくだけ

イスカ イスカ

似ているインジケーターにモメンタムがあります。

モメンタムは一定期間前の価格から何円動いたかの絶対値で表すのに対し、ROCは一定期間の価格を100%とした場合にどれだけ動いたかを相対的に表します。

モメンタムは絶対値である分は値動きが激しくなると大きく変わりますが、ROCは値動きの上昇率・下落率を%で表しているので値動きが激しくなっても相対的に判断できるという強みがあります。

ROCのFX手法

ROCは先行性のある指標で、トレンドの勢いを見るのに活用されます。

ROCがプラスかマイナスかで、トレンドの方向性がひと目でわかります。

ROCとトレンド

ROCの傾き=トレンドの強さ

  • 上昇トレンド=現在価格が過去価格よりも高い⇒ROCはプラス
  • 下落トレンド=現在価格が過去価格よりも低い⇒ROCはマイナス

ROCが中心線から近ければ過去から値段が変わっていないということなのでトレンドが弱く、ROCが中心線から離れるほど大きな値動きがあるので強いトレンドが発生しているということもわかるでしょう。

ROCの見方
  • ROCがプラス
    • さらに上昇⇒上昇トレンドの継続
    • 下落に反転⇒上昇トレンドの弱まり
  • ROCがマイナス
    • 上昇に反転⇒下落トレンドの弱まり
    • さらに下落⇒下落トレンドの継続

FXの手法として、中心線から離れた位置で反転すればトレンド転換の可能性があるので、決済やレンジ相場の天底の判断材料として活用できるでしょう。

ROCと組み合わせ利用しよう

ROCの買われすぎや売られすぎは、トレードする期間や市場によって違います。

トレードに参加しようとしている市場のチャートでROCを表示させて、過去の転換点となっているラインを基準とするとよいでしょう。

なお、ROCは一定期間前の価格と比較した際の相対的な変動率を表しているので、期間の設定次第で動きが大きく変わります。

移動平均線ボリンジャーバンドなどのインジケーターをメインとして、ROCでトレンドの勢いや強弱を見るサポート的な役割で利用するのがオススメです。