TradingViewのインジケーター

TradingViewの初心者を大きく悩ませるものといったら、複雑怪奇なインジケーターですよね。

カスタマイズ性が高い分、「なにから手を付けていいのか」がよく分からず、最初のうちはストレスがたまりがち。

この記事ではTradingViewのインジケーターの使い方からオススメな人気インジケーターについて分かりやすく解説します。

TradingViewではおすすめなインジケーターが豊富!

株やFXで言われるインジケーターとは?

インジケーターとは、株やFXなどで買うべきか売るべきかのデータを加工したテクニカル分析の指標です。

具体的には、平均移動線やボリンジャーバンド、MACDなどがこれにあたります。

現在の相場がどんな状況かを知るのに必須の機能といえるでしょう。

TradingViewのインジケーターの種類は?

そんな便利なインジケーターですが、TradingViewにも5,000以上もあるんです。

大きく分けて、種類は5つ。

種類①:内蔵インジケーター

TradingViewにデフォルトで設定されているインジケーター。

100種類以上あり、基本的なインジケーターは網羅しているといっても過言ではありません。

無料のBASICプランでも利用できるので、悩んだらまずは内蔵インジケーターを使うのがいいでしょう。

種類②:ローソク足パターン

ローソク足分析を行う人にとって非常に便利な自動で、ローソク足の種類を分類してラベルづけをしてくれるインジケーター。

TradingViewに新しく追加されたばかりの独自の機能で、特定のローソク足を手軽に見つけたいというときに便利です。

種類③:公開ライブラリ

TradingViewには公開ライブラリと呼ばれる、有志が開発した5,000種類以上のインジケーターが存在します。

「いいね」の多い順に表示されるので、ユーザーの評価ランキング順になっています。

迷ったら上のほうにあるインジケーターから利用してみるといいでしょう。

もちろん無料で公開されているので、色々と試してみることができますよ。

種類④:マイスクリプト

上級者向けではありますが、TradingViewでは自分でインジケーターを作成することもできます。

オリジナルインジを作りたいという人は、TradingViewの独自言語であるPineを利用することでカンタンにできるのです。

ゼロイチでなくとも、既にあるインジケーターを自分専用にカスタマイズできるので、ある程度使い慣れたら挑戦してみるのがおすすめです。

種類⑤:出来高プロファイル

最後は、TradingViewのインジケーターのなかでも人気の高い出来高プロファイル。

出来高プロファイルは、価格ごとの出来高を表示させることができるインジケーターです。

具体的な使い方については、次の記事をご参考ください。

TradingViewの公開ライブラリでオススメのインジケーター

おすすめインジケーター①:MACD(移動平均収束拡散法)

MACDはMoving Average Convergence Divergence(移動平均収束拡散法)の略で、移動平均線を進化させたインジケーター。

マックディーとも呼ばれるMACDですが、なかでも「MacD Custom Indicator-Multiple Time Frame」というインジケーターがTradingViewでは人気です。

短期の移動平均線と長期の移動平均線の差分が一目瞭然となり、デッドクロスとゴールデンクロスが簡単に分かるでしょう。

おすすめインジケーター②:BB(ボリンジャーバンド)

ボリンジャーバンドは、標準偏差と正規分布を利用して相場が行き過ぎていないかを判断できるインジケーター。

FXや株の初心者でも一度は聞いたり見たりしたことがあるでしょう。

価格のボラティリティがハッキリと分かるので、順張りや逆張りといったタイミングでうまく活用することができます。

TradingViewでは内蔵インジケーターとして、既にボリンジャーバンドを含んでおり基本は±2σとなっています。

おすすめインジケーター③:VIX(恐怖指数)

日経新聞やロイターなどを読んでいる人であれば、一度は目にしたであろう恐怖指数。

VIXはその別名の通り、投資家が相場の先行きに対して不安を感じたときに数値が大きく上昇するインジケーターで、底値をはかるのに活用できます。

TradingViewのなかでは、「CM_Williams_VIX_Fix FInds Market Bottoms」が中でも人気で、緑に光ったタイミングが底値であることを表すという比較的簡単に使うことができます。

TradingViewのインジケーターの使い方

簡単3ステップ!TradingViewでインジケーターを追加する方法

TradingViewのチャート画面が表示されている所で、インジケーターの追加が行えます。

  1. インジケーターをクリック

    TradingViewでインジケーターを追加する方法1
    チャートの上の方にある【~】という感じの所をクリック!
  2. インジケーターを選ぶ
    TradingViewでインジケーターを追加する方法2
    一覧が表示されるので使いたいインジケーターをクリックしましょう。
    ワンポイント

    クリックしても何の反応もないですが、きちんと追加されています。

    右上の☓ボタンで、画面をもどしましょう。

  3. 追加されたインジケーターを使う

    TradingViewでインジケーターを追加する方法3
    インジケーターの名前やの部分は非表示にできます。ジャマと思う人は左上の⊟の部分をクリックして消しましょう。

カスタマイズ!TradingViewにおけるインジケーターの設定方法

インジケーターの対象期間やデザインを変えたいという人がほとんどでしょう。

カスタマイズも簡単にできてしまうので、説明いたします。

  1. インジケーターの設定画面を起動

    インジケーターの名前の右にある⚙のマークをクリックします。
  2. 設定内でカスタマイズしたい部分を変更。
    (カスタマイズ用のタブはインジケーターごとで異なりますが、「入力」と「スタイル」がほとんど)
    ■スタイルの場合

    スタイルはデザイン全般に関する設定で、インジケーターの色やラインの太さを変更できます。
    スタイル設定項目

    価格ライン=現在のインジケーターの価格に横線を引きます。
     精度  =小数点何位まで正確にするかを設定できます。
     スケール   =目盛りのこと。

    ■入力の場合

    入力は、期間やソースといったデータに関する設定で、ここが変わるとインジケーターの結果が変わるので非常に重要。
  3. 変更を保存

    変更が完了したら、右下のOKをクリックして保存しましょう。

インジケーターの基本的な設定方法は上記の通りなので、自分にとって使いやすくなるように設定しましょう。

TradingViewのテンプレート機能でインジケーターを保存

設定したインジケーターはTradingViewのテンプレート機能を利用すれば、保存できます。

  1. チャート上に組み合わせを保存したいインジケーターを追加。
  2. 上部ツールバーにあるインジケーターテンプレートボタンを押す。
  3. 「インジケーターテンプレートを保存」を選択。
    チェックボックスの項目

    シンボルの保存=銘柄や商品によってインジケーターを保存する。

    時間足の保存=時間足と保存するインジケーターをひも付ける。

    インジケーターの組み合わせは同じでも、銘柄や時間足によってにパラメーターを変えるといった使い方ができるようになります。

  4. ウインドウが開くので、任意の名前を入力し「保存」をクリック。
  5. 保存完了

ただ、注意点としてTradingViewのインジケーターはMT4や証券会社のチャートと微妙に異なり、描画アイテムを含まずインジケーターのみが保存されます。

TradingViewの描画アイテムはチャートに保存されるので、注意しておきましょう。

保存したテンプレートはインジケーターテンプレートのメニューに表示されるので、使いたいものを選べば反映されます。

特によく使う組み合わせに関しては、メニューの右側に表示される☆マークをクリックするとお気に入り登録できます。

お気に入り登録をすると、テンプレートボタンの右横にボタンとして表示されるので、メニューを開かなくてもすぐにチャートにテンプレートを適用できて便利ですよ。

TradingViewでインジケーターを使いこなそう

今回、インジケーターの使い方について解説いたしました。

インジケーターを使いこなせるだけで、TradingViewがいかに便利であるか実感できると思います。

TradingViewには他にも便利な機能がたくさんあります。

次の記事で紹介していますので、他の機能も使いこなしたい人はご参考ください。